九州・沖縄密着の航空会社として地域の活性化に貢献

 ソラシドエアは航空規制緩和によって設立された新規参入航空会社の一つだ。設立は1997年7月。スカイネットアジア航空の社名でスタートを切り、2011年7月に「ソラシドエア(Solaseed Air)」というブランドを導入して、2015年12月に、そのブランド名へと社名を変更した。

 この体制の下、ソラシドエアでは、羽田空港と宮崎・熊本・長崎・鹿児島・大分の九州各地の空港を結ぶ路線を中心に、那覇からは神戸、中部(名古屋)、石垣の各空港にも就航している。ミッションとして掲げる一つは日本各地から九州・沖縄への送客で、「九州・沖縄に根差したエアライン」として地域の活性化に力を注いでいる。

 例えば、2012年8月からは就航10周年の記念企画として、機体を地域のPR媒体として活用するプロジェクト「空恋プロジェクト」をスタートさせた。

Aso Round Trail

 このプロジェクトは、1機体1自治体を基本に約1年間、機体側面に自治体の地名を表示して、機内では各自治体のPRを展開するという取り組みである。また、2016年4月に熊本地震が発生した際には「がんばろう!九州」復興支援プロジェクトに取り組んだ。

 「また社員も取組みに参加するプロジェクトとして、熊本・阿蘇の外輪山を駆け抜けるウルトラトレイルレース「Aso Round Trail」や宮崎で開催される「青島鬼の洗濯板アクアスロン大会」にメインスポンサーとして協賛するなど、地元九州・沖縄への地域振興につながるさまざまなプロジェクトも展開しています。」(ソラシドエア 企画部 ブランド・PR戦略課 課長 池田直子氏)

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。