多彩なクラウドが登場する中、「データをどこに置くか」が問題に

 現在の企業システムにおいて、複数のパブリッククラウドを使い分けるマルチクラウド構成は珍しくなくなった。クラウドごとの得意領域も徐々に見えてきており、単一のクラウドでシステムを構築するのは非効率と考える企業が増えている。一方、長年運用されてきた基幹系をはじめ、オンプレミスのシステムも依然として残っている。システムのハイブリッド化は今後もますます加速していくだろう。

 ただ、こうした中で、ビジネス価値の源泉となる「データ」をどこに保存すべきか、という問題が浮上している。

 特定のパブリッククラウドにデータを保存してしまうと、ほかのクラウドを利用することが難しくなる。もちろん、データを取り出して移動すればよいのだが、それには時間もコストも必要だ。そのうち徐々に「クラウドロックイン」の状態となり、データ利活用の自由度が失われていく。これでは、企業が本来クラウドに求めるスピード感や柔軟性は確保しにくくなるだろう。

 データをオンプレミスに集約し、複数のパブリッククラウドで利用する動きもあるが、この方法も十分ではない。クラウドからのアクセスの安全性に問題が生じやすいほか、ストレージ機器の運用管理にコストや手間が発生するからだ。マルチクラウド/ハイブリッドクラウドのデータ保管場所の問題は、かくも解決が難しい。

 だが、ようやくこうした悩みにも終止符を打つことができそうだ。マルチクラウド時代のデータ活用を支える、新しいアプローチのサービスが登場したのである。次ページ以降で、サービスの概要と活用メリットを紹介しよう。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。