セキュアかつ生産性を高めるデバイス管理の在り方

 多くの企業が働き方改革への取り組みを本格化させている。そうした中、多様化するデバイスの管理が大きな課題として浮上している。

 例えば、スマートフォンやタブレット。これらを導入する際に、併せてMDM(Mobile Device Management)ツールも導入した企業は少なくないだろう。これを活用することで、使える機能を制限したり、万一の紛失時にはデータを遠隔から削除したりするといった対応を行ってきた。

 一方、モバイルPCはどうだろう。かねてビジネス現場で活用されてきたこともあり、スマートデバイスとは別の手法で管理していることが多いはずだ。具体的には、厳重なセキュリティ対策を施したり、持ち出しを禁止したりするといった運用ルールによって対処している企業が多い。

 マルチデバイスの活用が当たり前となった現在の業務現場において、このデバイス管理手法の二重化が、情報システム部門の大きな負担となっている。特に最近は、会社から支給されたタブレットを使ってはみたものの、業務内容とのアンマッチなどを理由に、再びモバイルPCに戻るといった人が増えている。PCからスマートデバイス、スマートデバイスからPCへと、より流動的になりつつある現場のデバイス活用に対し、管理が追い付けない状況になりつつあるのだ。

 この状態が続けば、デバイスの盗難や不正使用による情報漏えい、企業システムの乗っ取りといったビジネスリスクが高まってしまう。リソースに限りがある情報システム部門が、多様化するデバイスを網羅的に管理するには、今どんな手法が必要なのだろうか。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。