ニューノーマルな働き方で専門職も在宅勤務が当たり前に

 緊急事態宣言以降、日本でも一気に拡大したテレワーク。しかし急を要したため、十分な準備時間を確保できなかった企業も少なくない。今後は、短期・部分的に行ったテレワークから、長期・全社を見据えたテレワークへとその軸足が移っていくだろう。

 そのときにポイントになるのが、業務で高性能ワークステーションなどを利用しているエンジニアやクリエイターといった専門職のテレワークだ。緊急時では、3密に注意しながらオフィスでの業務を継続したり、高性能のノートパソコンで代替したりするケースも多かったのではないだろうか。あるいはオフィスで使っていたタワー型ワークステーションを、自宅へ搬入して使った人もいるかもしれない。その場合、タワー型ワークステーションを運搬してみて、その大きさや重さに改めて驚いた人も少なくなかったはずだ。

 今回は緊急対応だったため、このような措置をとることが許された。しかし、今後新たな働き方として、テレワークを継続的に取り入れていくのであれば、より計画的な対応が求められる。

 こうした中、ニーズが高まっているのが、より小型で軽いワークステーションである。これまで多くの専門職が利用してきたミニタワー型ワークステーションは、体積が20リットル程度あり、重量も10kgを超えている。これではデスク横の場所を大きく専有してしまい、いざというときの運搬も困難を伴う。営業職やコンサルタントなどとは異なり、日常的に持ち歩く必要はないにしても、もっとコンパクトなワークステーションでなければ、今後のニューノーマルな働き方への対応は難しいだろう。

 この要求に対応できる製品が、2020年8月に発表された。それが「Dell Precision 3240 Compact」(以下、3240 Compact)である。これは従来の一般的なミニタワー型ワークステーションに比べ、筐体サイズはなんと約1/9だ。

 次ページ以降では、この新製品の特長やスペック、それによってどんな働き方が可能になるのかについて解説したい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。