コロナ禍でセミナー/イベントのオンライン化が進む

 この1年半で一気に拡大したテレワーク。自宅からミーティングに参加するため、Web会議システムを使うことも日常的な風景となった。オンライン会議は、リアル会議をやむを得ず補完するものから、コミュニケーションの重要な選択肢として不可欠なものになりつつある。

 またWeb会議システムの活用法は会議や商談に限らない。多くの企業が取り組んでいるのが、説明会やセミナーなど、多人数が参加する「ウェビナー(Webinar)」の開催だ。コロナ禍が長期化する中、リアルセミナーや大規模な会合は実施できない状況が続いている。これをオンライン化して継続できるメリットは大きい。

 しかし、実際に大人数が参加するウェビナーを問題なく運営するには、リアルイベントとは異なる知見が必要になる。少人数の会議であれば、仮に問題が発生してもその場限りで済むだろう。一方、ウェビナーでは、外部から招いたスピーカーや多くの参加者に迷惑をかけることになる。「大人数がアクセスする状況で十分な処理スピードを確保できるのか」「事前準備や開催後のフォローはどうすべきか」など、リアルセミナーとは異なる確認事項もあり、悩んでいる企業は少なくないはずだ。

 そこで今回は、ビデオコミュニケーションプラットフォーム「Zoom」を使ったウェビナーの開催方法と、その効果をあらためて検証する。ウェビナーで他社に差をつけるためのヒントにしてもらえれば幸いだ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。