資料の紹介

 企業が働き方改革を進めるうえで、リモートオフィスや在宅勤務といった社員の多様なワークスタイルに対応することは欠かせない。さらに、自然災害や交通渋滞など想定外の事態が発生し、通常のオフィス勤務が困難になった場合に備えるためにも、テレワークの導入は極めて有効だ。

 その一方で、いつでも、どこからでも社内システムを利用できるようになることにより、マルウエア被害、端末の紛失・盗難、機密情報の盗聴、不正アクセスなどのセキュリティリスクは確実に増大する。これらの脅威に対抗するために、IT部門はセキュリティ対策のさらなる強化を求められるが、人員やコストの面から容易ではないのが現実だ。

 本資料では、総務省のガイドラインを参考に、テレワークの導入・推進に当たり注意すべきセキュリティ脅威について解説する。さらに、こうした脅威への対策として、リモートアクセス、エンドポイントセキュリティ、モバイルデバイス管理、緊急時のアクセス開放、クラウドアクセスのセキュリティなどを網羅したパッケージサービスを提案する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。