資料の紹介

 デジタル化によるビジネス変革が進行し、ITが企業の生命線となっていく一方で、新手のサイバー攻撃やデータ漏洩などのセキュリティ脅威が大きな問題となっている。今後、クラウドコンピューティングやIoT(モノのインターネット)が普及するにつれて、こうした脅威はさらに深刻になり、増大していくだろう。

 こうした状況下、企業には一層厳しいセキュリティ対策が求められているが、これまでのように「セキュリティ=制限すること」と考えていると、社員の生産性に支障をきたす恐れがある。不完全なユーザー体験を強いることは、仕事の効率を低下させるだけでなく、シャドーITが蔓延しコンプライアンスのリスク増大にもつながる。

 本資料では、データセンターやマルチクラウド環境におけるセキュアアクセスの有用性、ゼロトラストを前提とした環境におけるユーザーやデータの保護、産業別コンプライアンスを確実にする方法について解説。さらに、具体的な解決策として、生産性とセキュリティの良好なバランスを維持できるというセキュアアクセスソリューションを提案する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。