資料の紹介

 IT部門はこれまで、ビジネスの要請に迅速に対応するためにパブリッククラウドの利用を推進してきた。その結果、これらのサービスにかかるコストは上昇し続けている。一方で、アプリケーションによっては、セキュリティやライセンス上の理由から、パブリッククラウドでは動かせないものもある。

 パブリッククラウドとプライベートクラウドを併用するマルチクラウド戦略はこうした問題の解決に有効だが、導入には多くの課題がある。特に問題なのはコスト管理の煩雑さだ。従来型の仮想化ツールの多くはコストを考慮しておらず、多種多様なクラウドサービスのコストや資産に関する標準リストも備えていないため、IT部門が多くの計測や評価をしなければならない。

 本資料では、マルチクラウド環境のコストを適切にコントロールするためのソリューションを紹介する。主要なパブリッククラウドに関する支出と併せて、プライベートクラウドのコスト情報も算出し、ダッシュボードに表示することで、マルチクラウド環境のどこでコストが発生しているかを把握し、支出に関するルール違反を容易に検知できるようになるとしている。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。