資料の紹介

 今後、ますます深刻化する人材不足に対応するために、働き方改革を推進し、業務を効率化することは、業種や規模を問わずすべての企業で喫緊の課題になっている。社内にコンテンツ制作部門がある、もしくはコンテンツ制作を外注している企業も例外ではない。

 たとえば、制作現場のワークフローを見直して業務効率化を実現すると同時に、成果物の品質を向上させるといった取り組みが進んでいる。マーケティング部門など、制作を外注している部署は、既存の製作物の修正などを内製化することで、修正プロセスを迅速にしたり、関係各所の合意形成を効率化したりできる。

 本資料では、社内に制作部門がある、もしくは制作を外注している企業向けに、こうした働き方改革のスムーズな実現方法を紹介する。制作作業の効率を向上できただけでなく、システム管理部門が制作ソフトのライセンス管理に要する時間を約3分の1に削減し、管理コストを7割削減した例もあるという。アルペン、日清食品ホールディングス、弥生、光岡自動車の取り組みも紹介している。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。