資料の紹介

 ファイアウォールは、セキュリティ対策の基本中の基本である。しかし従来のファイアウォールは、外側の脅威から社内の環境を守るためのものであり、「ファイアウォール内のすべての人とモノを信頼する」ことが大前提になっている。そのため、ランサムウエアや従業員の不正といった内部からの攻撃には弱い。

 一方、サイバー攻撃者が最近、攻撃コストや検出リスクがより低い攻撃経路として新たに注目しているのが、セキュリティ対策や監視の手薄なハードウエアやファームウエアである。実際、ファームウエアは、コントロールしやすく、パフォーマンスも得やすいことから、悪意あるコードを埋め込む場所として理想的とすら言える。

 本資料では、ファイアウォール内の人とモノについても信用できない「ゼロトラスト」時代のセキュリティ脅威について解説したうえで、ハードウエアセキュリティの新標準として、「シリコンレベルのセキュリティ」を実現するソリューションを提案する。商品開発用のシステムを同ソリューションで刷新したモンテールの取り組みも紹介している。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。