資料の紹介

 デジタルトランスフォーメーション(DX)による組織の変革が必要なのは、民間企業だけではない。国家の安全保障の要であり、戦闘、国防、人道的支援、災害救援などの広範な役割を担う米国防総省にとっても、劇的に変化・増大する脅威への迅速な対応と処理能力の向上は喫緊の課題だ。

 ビジネス上の目標を達成するために最新かつ最高の商用テクノロジーを自由に追求できる民間企業と異なり、防衛/諜報機関では、より過酷な条件下での運用が求められる。さらに、セキュリティ、調達ガイドライン、グローバルへの展開と維持管理など、様々な厳しい追加要件を満たす必要がある。

 本資料では、米国防総省におけるDXの取り組みを紹介。さらにそこで採用されている、国防/諜報機関に最適なコンポーザブルインフラ、世界最高水準のサイバー対策機能を備えたサーバー、現代の国防ニーズに対応するMIL規格(米国における軍用品の調達規格)準拠のサーバーなどについても詳しく説明する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。