資料の紹介

 サイバー攻撃は日々進化しており、もはやDMZ(非武装地帯)とファイアウォールだけでは、データセンターを保護できない。マルウエアは、かつてなく入手が容易になっており、高度な攻撃を誰もが実行できる。さらに、攻撃を受けた組織がデータを返してもらうために身代金を支払う傾向も、これまで以上に強まっている。

 ハッカーの攻撃対象は大企業に限らない。むしろ、包括的なセキュリティ対策を講じていない多くの中小企業が、絶好の標的となっている。セキュリティ対策を実施している企業でも、ハードウエアに関しては「ブートキット攻撃」に対し無防備なままになっていることが多い。この攻撃は検出に時間がかかるため、その間に被害が拡大してしまうことが多い。

 本資料では、サイバー攻撃のプロセスを分析し、攻撃から組織を保護するための対策について解説する。包括的なセキュリティ対策機能は今や、サーバーインフラに投資する際の必要最低限の要件であり、すべてのサーバーに「シリコンレベル」のセキュリティと迅速なリカバリツールが必須としている。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。