資料の紹介

 企業がビジネスを強化する際には、ITインフラの増強が欠かせない。しかし、事業部門ごとにサーバーを導入した結果、社内に膨大な台数のサーバーが設置されることになり、運用をいかに効率化して負荷を軽減するかが大きな課題となってしまっている企業は少なくない。

 ヘルスケアで3つの事業を展開する、みらかホールディングスも、グループ企業各社が部門ごとに導入してきたサーバーが、合計約1000台にも上っていた。しかも、システム連携に課題があったことから、現場の運用負担も大きかった。そこで、まずは500台を対象に段階的にITインフラを統合してグループ企業間の相乗効果を高めるとともに、運用の効率化を図ることにした。

 本資料では、みらかホールディングスがいかにして、グループ企業のITインフラを集約し、運用を効率化したかについて紹介する。アウトソーシングベンダーが用意した標準プロセスを利用することで、短期間でのインフラ刷新を実現したうえ、ITインフラの運用担当者を従来の30人から5人へと大幅に削減したという。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。