資料の紹介

 ビジネスにおける代表的なコミュニケーションツールは「メール」だ。最近はチャットやメッセージングツールも活用されているが、やはりメールは重要かつ不可欠なツールである。ただし、マルウエアが添付されたメールやフィッシングメールなど、メールがサイバー攻撃に利用されやすいのも事実だ。

 このため、メールのセキュリティ対策には、アンチスパムやアンチウイルス、サンドボックスなど、複数の手段を組み合わせた多層防御の仕組みが重要になる。ただし、その構築には複数のツールを使うためコストがかかり、大手企業以外はなかなか手を出せないのも事実だった。

 ところが最近は、メール向けの多層防御の仕組みをまとめて提供するクラウドサービスも登場している。クラウドなので、システム運用が不要でコストも安い。また、Office 365と連携し、Office 365のセキュリティ機能も強化できる。本資料は、こうしたクラウド型のメールセキュリティサービスの最新情報をまとめたものだ。大手企業から中小企業まで、メールセキュリティを強化したいすべての企業に役立つ内容となっている。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。