資料の紹介

 1990年代に始まったメインフレームからUNIXシステムへのダウンサイジングは、x86サーバーの登場により、加速度的に進展していった。IT業界の主流が、オープン化、ダウンサイジング、インターネットとネットワークコンピューティング、クラウドコンピューティングへと変遷するにつれ、x86サーバーの守備範囲も大きな広がりを見せている。

 ビジネスにおけるx86サーバーの重要性が増すにつれて、サイバー攻撃の脅威や運用負荷の増大、コストの高騰にどう対処するかという課題が、多くの企業を悩ませている。x86サーバーには今や、価格や性能だけでなく、高い信頼性や運用管理性、堅牢なセキュリティが求められる時代となった。

 本資料では、企業のこうした要求に応える選択肢として、「世界標準の安心サーバー」を謳うサーバープラットフォームの最新機能を、25年の進化の歩みを振り返りながら紹介する。マイクロソフトとの強力なアライアンスにより、マルチクラウド環境への橋渡し、ビッグデータ分析による新たな洞察、エッジからクラウドまでを結ぶ効果的なハイブリッド環境を実現するソリューションとして活用できるとしている。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。