資料の紹介

 ダークウェブの存在が知られるようになった昨今、これまで社内の監視に注力していた企業は、“先手必勝型”の防御を実現するために、社外にある(あるいは流出した)情報にも目を向けるようになっている。そうした中、注目されているのが「脅威インテリジェンス」と呼ばれるサービスだ。

 脅威インテリジェンスとは、ダークウェブを含むネット上の情報を収集・整理して、サイバー攻撃対策に使える形で提供するサービスだが、その対象領域や活用方法はベンダーによって様々だ。そのため、投資に見合う効果を得るためには、脅威インテリジェンスに対する自社の要件を明確にし、具体的な活用方法を把握しておく必要がある。

 本資料では、脅威インテリジェンスの活用を検討する企業向けに、脅威インテリジェンスとはそもそもどのようなもので、どのように活用するのかを解説。あわせて、導入にあたり検討すべきポイントを紹介する。脅威インテリジェンスが自社のセキュリティ戦略にもたらす実質的なメリットを検討することが、導入効果の最大化につながる。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。