資料の紹介

 働き方改革が叫ばれるなか、労働人口の減少からくる人材不足に悩んでいる中堅・中小企業は少なくない。もちろん情報システム部門も例外ではない。IT活用に積極的なスタートアップ企業といえども、デバイス管理に人を割けない状況にあり、成長していくのに必要な企業規模に応じたガバナンス強化やセキュリティ強化が後手に回りがちだ。

 そして2020年1月のWindows 7延長サポート終了を目前に控えた今、最新のWindows 10環境への円滑な移行が課題となっている中堅・中小企業は多い。移行後のWindows 10特有の運用管理も大きな作業負荷となる。そこで検討したい選択肢の一つが「Device as a Service」の考えを取り入れることだ。

 本資料では、Windows 10搭載の最新デバイスとクラウドサービスをオールインワンかつ月額課金モデルで提供するDevice as a Serviceについて説明する。デバイスだけではなく、必要な運用とセキュリティを含めた「あるべき姿で運用されている状態のPC」の提供を受けられるので、経営の効率化と従業員の生産性向上、働き方改革にも寄与できる。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。