資料の紹介

 コスト削減、柔軟性の向上、デジタル変革支援など、クラウドはビジネス全体に大きなメリットをもたらす。一方でオンプレミスにプライベートクラウド、そしてパブリッククラウドと複数のシステムを使用するマルチクラウドやハイブリッド環境でのクラウド利用が増えるにつれ、セキュリティ管理を困難にしているのも事実だ。

 複数のシステムを利用するからこそ、データセキュリティの一元管理というニーズは高くなる。そのソリューションとして注目を集めるのがHSM(ハードウェアセキュリティモジュール)だ。HSMは暗号鍵を安全に管理、処理、保管することで、クラウドにおけるデータセキュリティを確保するものだ。AWSやAzureなど大手クラウドプラットフォームが独自にHSMを提供していることからも、その重要性が見て取れる。

 本資料では、HSMソリューションが求められる背景を詳しく解説。膨張を続けるクラウドデータのセキュリティとコンプライアンスにはHSMの存在が欠かせないとする。そのうえでクラウドとオンプレミス、すべての暗号化操作を一元管理・保護可能なHSMソリューションが最も有効だとし、その1つとしてあるサービスを具体的に紹介している。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。