資料の紹介

 業界の再編や新興企業の台頭、さらに市場ニーズの変化により、ビジネス環境は急激に変化している。変化に素早く対応し競争優位を確保するうえで、デジタル技術を活用して新たなビジネス価値を創出するデジタルトランスフォーメーション(DX)は、業界、企業規模を問わず、あらゆる企業にとって重要な経営課題となっている。

 企業が「攻め」のDXを推進するにあたっては、例外なく取り組むべき大きな課題がある。重要な基幹システムやレガシーシステムを、これからの時代に合わせてどのように変えていくか、それと同時に、いかにして効率よく守っていくか、ということである。

 本資料では、「攻めのIT経営銘柄」で知られるJFEスチールの新田哲常務執行役員IT改革推進部長が、DX時代に求められるレガシーシステムの移行、ITインフラや運用管理、IT部門の役割について語る。AI、IoTといったキーワード先行ではなく、「課題設定」を重視すべきであり、IT部門の役割も「改革オリエンテッド」なものにする必要があるという。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。