資料の紹介

 ラックマウント型の筐体にサーバーとストレージ、ネットワーク、運用管理ツールなどの機能を集約し、包括的な仮想化インフラを提供する「ハイパーコンバージドインフラ(HCI)」が注目されている。多くの機能を一つに集約しているので、導入期間を短縮できるうえ、スケールアウトが容易で、システム運用負担も軽減できるからだ。

 しかし、これまで専用コントローラで制御していたストレージをソフトウエア定義ストレージとしてサーバーに統合することで、CPUに負荷がかかり、全体のパフォーマンスに影響するのではないかとの懸念もある。加えて、同じHCIに分類される製品でもメーカーによって設計思想が異なるので、製品選択の際にはその点を理解しておく必要がある。

 本動画は、HCIのユーザー企業およびSIerによる座談会を収録した。導入前の課題、導入選定でこだわったこと、導入後の効果、今後の展望などのテーマで議論がなされている。多様なシステムをHCI上に統合することで、ビジネスの要請に即応できるITインフラを構築でき、バックアップ時間の短縮によるBCP対策強化も実現したという。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。