資料の紹介

 多くの企業では、システムが停止してデータにアクセスできなくなると、ビジネス的な損失が発生する。たとえば、ネットショップやクラウドサービスを運営・提供している企業、銀行や証券会社などはその代表だ。もちろん、ほかの企業でも、システムのダウンタイムは、ビジネスの損失に直結する。こうした事態を防ぐには、可用性が高く、不測の事態を防止できるストレージが不可欠になる。

 ただ、これまでの技術では、100%の可用性、つまりダウンタイムがゼロであることを実現するのは困難と思われていた。しかし、人工知能や機械学習などのテクノロジーの進化は、過去の常識を覆しつつある。現実に、すでに市場には100%の可用性をうたうストレージ製品が登場しているのだ。その製品では「予期しないダウンタイムによる障害が起きることはもうない」とされる。さらに、万が一、機能停止が発生した場合は、無償での保証も提供されている。

 本資料は、可用性100%を実現したストレージ製品の資料だ。その技術的な裏付けと、無償保証の詳細が解説されている。ぜひ本資料で「可用性100%」の現実を確認してもらいたい。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。