資料の紹介

 現在、製品開発などさまざまな分野で多くのOSS(オープンソースソフトウエア)が利用されている。OSSを活用することで、最先端技術を迅速に低コストでビジネスに取り込めるほか、ベンダーロックインを回避できるなど、多くのメリットがある。しかし、OSSのビジネス利用には重要な課題もある。

 OSS利用の重要課題としてまず挙げられるのが、脆弱性対策とライセンス管理だ。急増する脆弱性情報への対応が追いつかず、深刻な事態になる案件が増えている。また、利用するOSSが増え、部門をまたぐ開発も多くなっているために、管理業務が複雑化し、目視確認や手作業の問題検出と解消はもはや不可能に近い。

 本資料では、OSSユーザーが抱えるこれらの課題への対応を合理化し支援するソリューションを紹介する。導入事例を通じて、対応策と導入効果を分かりやすく解説する。100万以上あるOSSプロジェクトの情報をデータベースに格納し、OSSを自動的に特定できる管理ツールを活用することで、OSSの管理を効率的かつ効果的に実施できるという。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。