資料の紹介

 政府の旗振りの下、働き方改革に取り組む企業が増えている。しかし一方で、働き方改革の成果は依然として労働時間短縮に留まっており、いまだ根本的な業務効率化や生産性向上には至っていないという指摘もある。

 働き方改革にもっとも深く、頻繁に関わる立場であるにも関わらず、生産性向上の取り組みで立ち遅れているのが情報システム部門だ。慢性的な人手不足状態にある情シス部門の生産性を高めるために、運用やヘルプデスクといった日常業務の効率化が求められる。

 本資料では、情シス部門の働き方改革に焦点を当てて実施したオンライン調査の結果を詳しく紹介しながら、上記の問題の解決策について考察する。全社と情シス部門の働き方改革の実情や進展度を対比させ、情シス部門の生産性向上を妨げるボトルネックを確認できるほか、生産性向上についての数値的な材料を得られる。同調査に基づく解説セミナーも開催されている。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。