資料の紹介

 システムは予期せずクラッシュするように思えるかもしれない。だが、実際にはその予兆となるシステムエラーが起きていたりする。一方で、そういったエラーを確実にチェックするため効果的に「監視」してデータを収集し、エラー状態が発生しているかどうかを調べることが必要なのだが、それは、簡単なことではない。

 監視するといっても、何を監視対象にするか、そして監視対象のシステムに影響を与えずにデータを入手するにはどうすればよいかを理解しておかないといけない。データを格納する場所、問題の状況を示すしきい値、そして問題をタイムリーに知らせる方法も理解している必要がある。適切な監視ツールを用意すれば、作業は半分以上は終わりなるが、すべてが済んだわけではない。効果的な監視ソリューションを構築するための真の出発点は、基礎となる概念を学ぶことであり、監視の実行より前に、監視とは何かを知る必要がある。

 本資料では、ネットワークの監査に携わってきた経験者が、基本的な監視技術、理論、理念など、監視を達成する方法を紹介している。監視ソフトウエアの難解な機能を理解するための基本を学ぶことができる。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。