資料の紹介

 いまやデータは「21世紀の石油」と言われるほど、企業活動に不可欠な存在だ。特にマーケティング分野では、顧客のデータをあらゆるチャネルで収集・分析し、一人ひとりの顧客に最適な体験を提供することが重視されている。そして、その取り組みを支援するマーケティング分析製品も豊富にそろってきた。

 ただし、製品に求められるハードルは高い。たとえば、Webはもちろん、モバイル、ソーシャルメディア、コールセンター、実店舗など、多様なチャネルからデータを収集できなければならない。しかも、各チャネルから集められたフォーマットのバラバラなデータを分析することが求められる。さらに、大量に発生するデータを効率的に分析するために、機械学習などのAI機能も必要だ。加えて、データサイエンティストのような専門家でなくても使いこなせて、得られたインサイトに基づいてすぐにアクションを起こせる仕組みも求められている。

 本資料では、現在のマーケティング分析製品に求められるこうした多様な条件を整理し、製品選びのポイントを解説している。後々後悔しないためにも、ぜひ目を通しておきたい。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。