資料の紹介

 2019年8月、日本でも加入者の多いクラウドサービス、Amazon Web Services(AWS)の東京リージョンで大規模障害が発生した。クラウド上の仮想サーバであるAmazon EC2インスタンスの一部が使用不可となり、QR決済のPayPayやユニクロのECサイトをはじめ、消費者の生活に密着するサービスにも実害が出たのは記憶に新しい。

 以降、クラウド利用における障害対策への関心がにわかに高まっている。ビジネスの利用規模に応じてさまざまな対策が考えられるが、金融系やECサイトなど絶対に止めることができないクリティカルなシステムでは、確実に別のAvailability Zone(可用性を担保するゾーン)をまたいで復旧することが鍵を握る。

 本資料では、AWS障害を教訓とした4パターンのクラウド障害対策を紹介。AWS標準機能のAuto Recovery、監視ツールと手動操作、バックアップ、HAクラスターを挙げながら、それぞれの長所・短所を解説している。なかでも今回のような大規模障害では、AZを横断するHAクラスターによる可用性確保が必要と位置づけ、障害対策の選択肢として検討してほしいとしている。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。