資料の紹介

 今日の企業情報システム環境は多様化の一途をたどっている。アプリケーションのクラウド移行が進む一方で、オンプレミス環境もまた仮想化基盤やハイパーコンバージドインフラ(HCI)の導入により進化しており、一括りには語れない状況になってきた。

 システム運用の要といえる「データ保護」についても、こうした技術革新に追随した新しいバックアップ技術が次々と開発/提案されている。しかし、こうした技術を検証する際には、人為的に作成したデータを使うことが多く、検証で得られたバックアップ時間や圧縮率といった知見を実環境で生かすことは困難だった。

 本資料では、企業が社内で日常的に利用しているファイルサーバーを対象に、実際の業務データを利用して、ハードウエアもネットワークも普段と同じ運用環境で実施したバックアップ運用検証の結果を報告する。最新アプライアンスによるバックアップ運用のリアルな事例として、バックアップの設計に参考になりそうだ。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。