資料の紹介

 今日の厳しいビジネス環境を背景に、商品やサービスの開発スピードの向上やITシステムの運用管理コストの適正化を目的として、クラウドコンピューティングやクラウドサービスを導入する企業が増えている。複数のクラウドを利用してマルチクラウド環境で業務をこなすことも一般的になってきた。

 しかし、多くの企業でマルチクラウド環境のサイロ化が進行している。各事業部門がIT部門を介さず、クラウドサービスに直接アクセスしているケースが少なくないからだ。IT部門は、個々の組織がクラウドを独自に利用するのを黙認したり、規制したりといった形ではなく、マルチクラウドの地盤を固め、最適化する必要がある。

 本資料では、マルチクラウド管理の現状および課題とメリットを整理したうえで、マルチクラウド環境の最適化を成功させるための分かりやすいアプローチを概説する。調和の取れたマルチクラウドプラットフォームを編成できれば、競争上の優位性を高め、コストを引き下げるビジネス基盤として役立つはずだ。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。