資料の紹介

 システムを構築する際にクラウドプラットフォームを最優先に検討する「クラウドファースト」を掲げる企業が増えている。クラウドを活用することで、ビジネスの俊敏性や柔軟性を高め、コストを最適化し、最新技術の適用も可能になるとの期待があるからだ。

 しかし、依然として企業には基幹業務をはじめ、オンプレミス環境で稼働するアプリケーションが多く残されているのが現状だ。クラウド化する部分とオンプレミスに残す部分をどう切り分けるべきか、どのような順番でクラウドに載せていけば良いのか、悩んでいる企業は多いだろう。

 本資料では、アプリケーション資産のクラウド化を成功に導くポイントと実行手順について説明する。目指すべきは、マイグレーションとモダナイゼーションを適材適所で使い分けながら、既存システムの適切な配置先を検討し、将来に向けて最適なIT環境の整備に役立てていくことである。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。