資料の紹介

 ビジネス環境が急速に変化するDX(デジタルトランスフォーメーション)時代において、経験や勘に基づく従来の経営判断に代わって、必要なデータを収集・蓄積し、分析結果に基づいて意思決定をする「データドリブン経営」に舵を切ろうとする企業が増えている。そこで改めて注目されているのが、BI(ビジネスインテリジェンス)ツールだ。

 これまでのBIツールの活用法は、月次で締めた実績データを作成して、グラフなどにまとめて現状のトレンドを可視化し、経営戦略立案のための会議資料を作成するというのが一般的だった。しかしこのやり方では、何が問題なのかを経営者が会議資料から読み解く必要があり、本来注力すべき経営判断に集中できない。

 本資料では、BIツールによる実績データに基づき、経営戦略のための判断材料を分析人材に代わって自動でレコメンドする機能を備えたBA(ビジネス分析)クラウドサービスとその活用法を紹介する。「現状の可視化」、実績データに基づく「予測」と「KPI分析」、問題解決のロジックをレコメンドする「課題解決」の4つの機能について、実際の出力画面を示しながら詳しく説明している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。