資料の紹介

 あらゆる業界・企業・コミュニティー・個人にとって、テクノロジーが物事の方向性を大きく左右する時代が到来している。テクノロジーには、働き方やコミュニケーション、イノベーションの方法を変える力があり、新しいマーケットの開拓や新しいサービスの開発から、ワークロードの軽減、意思決定の改善まで広く影響を及ぼす。

 しかし、企業におけるテクノロジーの採用状況を見ると、一律に進んでいるとは言えない。業界やマーケットによって、テクノロジーに対する価値認識は異なっており、採用の速度や採用率にも差がある。同じ会社内であっても、部門やチームによってテクノロジーに対する考え方は大きく異なり、実際、イノベーションは小さな独立したチームで起こることが多い。

 本資料では、企業の意思決定に関わる幹部4000人に、IoT、チャットボット、AI、自立型データベースといった注目の革新的テクノロジーに対してどのように感じているのかをヒアリングした調査結果を報告する。クラウド・セキュリティや自律型データベースは広く評価され、すでに導入されている一方で、人工知能(AI)は非常に高い評価を受けているものの、実績と認識の最も大きくかい離していることが明らかになった。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。