資料の紹介

 いまや「データ」は企業の重要な資源であり、データを活用できるかどうかが、ビジネスの浮沈を左右する時代だ。一方で、企業が扱わなければならないデータは増え続け、その管理が難しくなっているのも事実だ。では、膨大なデータを適切に管理し、そこからビジネスに役立つインサイトを引き出せている企業は、どれくらいあるのだろうか。

 本資料は、アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど世界各国の企業の経営者、取締役、担当部長等の経営層約5500名を対象に実施されたデータ管理・活用に関する調査リポートである。その結果は、企業におけるデータ活用の実態を把握するうえで、とても興味深い。例えば「データを完全に管理できている」と答えた割合はブラジル、インド、日本が最も多かった。また、データ管理の能力に自信があると回答したマーケティング担当者は40%未満にすぎなかった、といった具合だ。

 本資料では、こうした興味深い結果が次々と紹介される。同時に、その原因や背景についての分析、問題がある場合は、その解決策までが提示されている。自社のデータ管理・活用の実態と比較しながら、じっくり読み込みたい資料となっている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。