資料の紹介

 金融機関は、急速に進むデジタル化の波を真正面から受け、重大な転換期を迎えている。進化するテクノロジーによって人々と金融サービスとの関わり方が大きく変化し、次々と新たな企業が参入する業界での競争が激しくなるとともに、成果を生むイノベーションへの圧力が高まっている。

 金融機関に対し、顧客が今強く求めているのは、パーソナライズされ、ターゲットを絞った顧客体験である。実際、金融サービス業界全体が、既存顧客と長期的な関係を築き、潜在顧客を惹(ひ)き付けるための新たな顧客体験づくりに力を入れている中、現場のマーケティング担当者は、商品中心から顧客中心に戦略をシフトしようとして、様々な課題に直面している。

 本資料では、金融サービスのマーケティングに大きな影響を及ぼしている要因を3つ挙げ、どのようにしてこれらを解決すべきかを解説する。最終的には、データから得られる知見から顧客をより深く理解し、関連性の高いコンテンツを提供して、顧客の信頼とブランドへのロイヤルティを獲得していくことが、成長戦略を確立するカギだとしている。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。