資料の紹介

 SaaS(Software as a Service)をはじめとするクラウドサービスを活用し、働き方改革に取り組む企業が増えている。SaaSではデータ(コンテンツ)を社外に預けることになる。いかにしてセキュリティーを確保し、情報漏洩などの事態を阻止するかが重要な課題になる。

 様々なSaaSを利用すると、コンテンツがサイロ化されて管理すべきポイントが増える。SaaSはインフラやOS、ミドルウエア、アプリケーションの安全性は事業者が担保するが、その上で利用するコンテンツの安全はユーザーが担保しなければならない。利用する場所やデバイスが多様化する中、SaaS上のコンテンツを守る手段の必要性が高まっている。

 本資料では、コンテンツの一元管理を実現するクラウドサービスを紹介する。多種多様なSaaSと連携し、コンテンツの保管を高度なセキュリティー機能を持つクラウドサービスに一元化できる。きめ細かな権限設定で誤操作による情報漏洩を防止したり、機械学習技術を活用して不審な操作を検知したりする機能も搭載する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。