資料の紹介

 オンラインショッピングやオンラインバンキングをはじめ、企業間取引、公共機関や病院での予約や申請など、Webアプリケーションを使ったサービスは今や、利便性を向上し業績を上げるうえで不可欠な存在だ。しかし、Webアプリは近年、攻撃者にとっても魅力的な標的の一つになっている。

 攻撃者は最新技術を駆使して攻撃してくる。対する企業や組織も、攻撃検知などに多くの人手やコストをかけているが、膨大なログから危険な兆候を探し出すという作業は、もはや人手で対応できるレベルを超えている。本資料では、根本的な対策として人工知能(AI)技術の活用を提案。その必要性と具体的なツールの働きを分かりやすくまとめている。

▼多様化する驚異と従来のセキュリティツールの限界
▼AIがセキュリティ対策で貢献できる点
▼AIエンジンを搭載したセキュリティツールの主な働き
▼基本的な利用形態と導入スタイル

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。