資料の紹介

 近年、オンラインショッピングやオンラインバンキングをはじめ、企業間取引、公共機関や病院の各種サービスの予約や申請など、Webアプリケーションを使ったサービスが広く利用されている。一方、こうしたサービスを提供する企業や組織は、システムに対して悪意のあるハッカーが仕掛けてくる攻撃に苦心している。

 ハッカーは最新技術を駆使してシステムを攻撃してくるため、それまでのセキュリティツールで攻撃の脅威を防ぐには限界がある。そこで、企業や組織はかなりの人手をかけてハッカーの攻撃を検知するなどして対応している。しかし、様々なシステムからの膨大なログからセキュリティイベントの有無を精査するのは骨の折れる作業であり、人力で対応することはもはや難しい。

 本資料では、こうした問題を解決するのに人工知能(AI)技術が有効であることを示し、システムの脆弱性を突く攻撃や脅威を、AIで検知・遮断・解析するセキュリティ対策について紹介する。これは未知の攻撃や攻撃の脅威の検出精度を効率的に向上させるだけでなく、ネットワークの可視化にも役立つという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。