資料の紹介

 データ量の増大ペースが年率500%になるとも言われる中、企業は、社内外に散在する膨大なデータを効率よく活用し迅速に意思を決定することが求められている。そこで課題となるのが、データ活用のリアルタイム性の向上、サービス提供の迅速化、全社的なデータガバナンスの確保である。

 これらの課題を解決できる手段として期待されているのが「データ仮想化」だ。データ仮想化は、データソースから収集したメタデータを用いて仮想的なデータベースを構築するアプローチである。アプリケーションやユーザーが仮想データベースにアクセスする都度、データソースから必要なデータを取得するため、事前にデータを複製しておく必要がなく、鮮度の高いデータをリアルタイムに提供できる。

 本資料では、グローバルで700社以上、日本でもメガバンクや大手通信事業者が導入済みというデータ仮想化ソリューションと、その活用事例を紹介する。三井住友銀行はこれを市場系統合データベースに適用、物理的なデータ抽出・転送・読み込みを不要にしてリアルタイム性を向上しただけでなく、項目変更に伴う工数・コストも削減できる環境を構築したという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。