資料の紹介

 採用試験でAIが書類選考の合格者を決める。業務の自動化により、従業員はより創造的に働けるようになる。CEOからの偽メールを見破ったセキュリティ対策が、翌年にはディープフェイクの電話にだまされる……。これらは、2020年現在、すでに一部は現実に起きている。これから数年でテクノロジーはさらに進化し、我々の想像を超えた新たな事態に遭遇するかもしれない。

 本資料は、2020年から先の近未来を、客観的な事実に基づいて予想した未来予測だ。自然言語処理(NLP)、AIと機械学習、ブロックチェーン、IoTと5Gなどの最新テクノロジーが、我々の生活や企業活動、さらに「ITセキュリティ」と「IT運用」にどのような影響を与えるかを分かりやすく解説している。

 たとえば、ITセキュリティの分野ではディープフェイクの危険性が増し、AIやクラウドが攻撃の対象になる。また、IT運用の分野では、AR(拡張現実)とVR(仮想現実)がマウスやタッチ操作を淘汰する……。本資料で次々と展開される近未来の具体的な姿は、自社の未来とその戦略を考えるきっかけになるだろう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。