資料の紹介

 サイバーセキュリティー上の脅威は、9割以上がメールから発生しているとされる。フィッシング詐欺メール、マルウエアが添付されたメール、アカウントを乗っ取られた「なりすましメール」など、攻撃者はメールを足がかりに攻撃を仕掛けることが多い。

 従来のセキュリティー対策では、こうしたメールのごく一部しか防げなかった。実施可能な対策は、メールアドレスのブラックリストや禁止キーワードに基づいたブロックなどに限られていたからだ。取引先企業の役員のメールアカウントを乗っ取って送信されるような、巧妙に作成されたなりすましメールの防御はほぼ不可能だった。

 ただ、急速に進化するAI(人工知能)により、従来は不可能だった高度なセキュリティー対策が可能になりつつある。件名や内容の微妙な表現、社内ネットワークやクラウドのトラフィックから把握される送信者・受信者の生活パターンなどの情報を分析し、熟練した社員でも特定が難しい悪意あるメールを自動識別する。本資料ではそうした最新技術と具体的なソリューション、活用事例を解説する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。