資料の紹介

 AI(人工知能)はあらゆる分野で活用されている。サイバー攻撃を仕掛ける犯罪者集団も例外ではない。現在のサイバー攻撃の多くは組織が金銭目的で行っている。企業と同様に、効率的に業務(攻撃)を完遂して、目的(情報窃取や破壊)を達成するのが重要となる。それにはAIは最適な手段となり得る。

 従来のサイバー攻撃は専門知識と根気が必要なうえ、攻撃の痕跡が残る可能性があった。AIを駆使すると、ツールの活用で容易に攻撃を実施できる。しかも、社内システムの正常状態を機械学習して、それを模倣して攻撃の痕跡を通常のビジネス活動に溶け込ませることも可能だろう。チャットボットを悪用してSNSで攻撃対象の「友人」になり、攻撃のための情報を収集したりもできる。

 現時点で、日本においてAIを活用した大規模なサイバー攻撃が登場しているという確証は得られていない。しかし、今後は確実に増加すると予想できる。差し迫った脅威に、企業はどう対処すればよいのだろうか。本資料で、最新の脅威とその対策をシミュレーションしておきたい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。