資料の紹介

 クラウドおよびSaaSの急速な普及は、デジタルビジネスを変容させると同時に、サイバー攻撃から企業を守る手段についても、根本的な見直しを迫っている。新しいコンピューティングモデルにより攻撃対象は予断を許さない勢いで拡大し、ますます分散化が進む企業ネットワーク全体に新たな脅威をもたらしている。

 こうした脅威に対し、従来のオンプレミスのセキュリティツールはしばしば適用不可能であり、セキュリティ担当者は限定された可視性とコントロールのもとで、インシデントに対処しなければならない。さらに、開発者が容易にクラウドインスタンスを立ち上げられる状況は、ビジネスをリスクにさらすことになるため、新しい「DevSecOps」アプローチも求められる。

 本資料では、この問題への新たなアプローチとして、機械学習と人工知能(AI)アルゴリズムを利用したサイバー防御について解説する。あらゆるユーザーやデバイスについて、通常の「生活パターン」を学習することにより、クラウド内の脅威の兆候となるわずかな変化を自動検知して対処する。さらに、環境全体を一元的に可視化できる手段も提供する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。