資料の紹介

 企業のサイバー防御には3つの大きな課題がある。一つめは、ネットワークおよびインフラの複雑さ、二つめは攻撃の高度化、三つめはセキュリティ担当者の負荷増大だ。企業はこれまで、担当者の人数を増やしたり、プログラミングされたセキュリティツールや統合ソリューションを用いたりしてこれらの課題に対処してきた。

 プログラミングされた対応ツールによる従来型のアプローチは、過去のインシデント対応では有効だったかもしれないが、今では不十分なものになっている。加えて、こうしたツールの利用自体が新たな問題を引き起こし、ビジネスの中断をもたらすケースすらある。

 本資料では、AIを活用することで、現在進行中の攻撃を自動で検知し対処するソリューションを紹介する。AI技術を使ってどのようにして高度な攻撃を短時間で撃退し、24時間365日のリアルタイム対応を可能にするかを解説する。AIで武装する攻撃者が増えることは確実であり、守りの側にもAI活用は必須であると説く。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。