資料の紹介

 サイバーセキュリティの新時代が始まっている。今日、企業が直面するサイバーリスクには、データの流出やWebサイトのハッキングだけでなく、水面下で静かに進行する脅威もある。この種の攻撃者は、境界を越え侵入した後は、情報を外部に送信することなく、ひっそりと動き回ってデータを書き換えたり、いつでも消去できるようにしたりする。

 このような攻撃に対して、「脅威を事前に定義できること」を前提としてプログラミングされている従来のセキュリティ対策はもはや通用しない。新しく急激に拡散する攻撃から悪意を持った内部関係者まで、脅威環境は予測不可能な方向へ進化を続けており、サイバー防御に対する新たなアプローチの導入は急を要する。

 本資料では、サイバーセキュリティのアプローチと、サイバー人工知能(AI)技術を支える、教師なし機械学習、教師あり機械学習、およびディープラーニング(深層学習)の連携について解説する。機械学習技術は今日の未知の攻撃者や内部関係者の脅威からシステムを自動的に保護し、未知のサイバー攻撃手法への対応を実現する強い味方となる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。