資料の紹介

 企業にデジタル変革の取り組みが広がるにつれ、クラウドシフトが加速し、その動きはいよいよミッションクリティカルなシステムへと波及しつつある。複雑化・肥大化し、ビジネスのボトルネックになるレガシーシステムから脱却する手段として、パブリッククラウドに着目する企業が増えている。

 しかし、パブリッククラウドが、ミッションクリティカルなシステムの移行先として適切なのかどうか、不安に感じている担当者も少なくないだろう。不安要因の1つは、「常に安定したパフォーマンスを発揮できるのか」という点にある。基幹系システムの場合、わずかな遅延や停止がビジネスの損失に直結し得るからだ。

 本資料では、クラウドの強みである柔軟性やコストパフォーマンス、運用管理性と、基幹系システムに必須の安定性を両立させるためのサービスを紹介する。基幹系システムに適したリソース専有型モデルを用意しており、ビジネス要件や目的に応じた選択や組み合わせにより、基幹系のクラウド移行における不安を払しょくできるとしている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。