資料の紹介

 行政にもデジタルトランスフォーメーション(DX)が求められる時代になった。民間企業と同様、新しい生活様式への対応、住民サービスの向上、職員の働き方改革・生産性向上を図っていかなければならない。

 昨今は「脱ハンコ」がホットトピックになっている。これは非効率なアナログ業務をデジタル化で変えていこうという旗印だ。ハンコだけでなく、書面・対面主義からの脱却も同様に重要だ。例えば出張管理や経費精算では、データを手入力したり、領収書ののり付けをしたりしている。領収書の承認は書面の回覧と上司の押印というケースも多い。これを、デジタル技術で効率化していくのだ。

 本動画では、行政のDXを進めるためのデジタル技術プラットフォームと行政用アプリケーションを解説している。「書面・押印・対面主義」からの脱却に役立つデジタルサービスも紹介している。入力、承認、分析・計画反映の流れを一気通貫でサポートするという。職員の働き方を変える方法だけでなく、住民サービス向上のための方法も示す。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。