資料の紹介

 政府による「働き方改革」の推進に加え、2020年に入ってからの新型コロナウイルス感染症の拡大も相まって、企業におけるクラウド導入の取り組みが加速している。パブリッククラウドを利用すれば在宅勤務をはじめとするリモートワーク環境を短時間かつ柔軟に導入できることに加え、BCP(事業継続計画)にも有効というのがその理由だ。

 ハイブリッドクラウドに対する関心も高まりを見せ、HCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)の市場は急速に成長している。HCIは従来の3層構造のシステムに比べてシンプルであり、プライベートクラウドの短期構築、運用管理の負荷軽減に加え、インフラとシステムを切り離した調達が可能、といったメリットがある。

 「政令市・中核市・特別区CIOフォーラム」での講演を収録した本動画では、高いシェアを持つHCI製品について、その特徴と導入メリットを国内自治体の事例を交えて紹介する。HCIというと、ソフトウエアとIAサーバーを統合したアプライアンス製品をイメージしがちだが、同製品の場合、HCIソフトウエアとIAサーバーの別売りも可能で、サーバーメーカーを指定して導入することもできる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。