資料の紹介

 異物混入は、食品、飲料、製薬、化粧品など、あらゆる製造業の現場において、あってはならないことだ。工場は操業停止となり、企業の信頼は失墜、存続の危機にすら陥りかねない。しかし、どんなに細心の注意を払っていても、異物混入のリスクをゼロにすることは難しい。

 では、どのような対策を講じればよいのか。何よりも、問題事例が発生した場合に、早急に原因究明できる環境を用意することだ。そのためには、日々の製造現場の状況を映像で監視するのが有効である。原因が明確になれば、適切な対策案を立てられる。企業が原因と再発防止策を誰もが納得できる形で説明できれば、信頼は早期に回復し、操業再開に向けた準備も可能になる。

 本資料では、異物混入発生時に企業が受けるダメージを最小限に抑える「映像監視」について解説する。監視映像は、異物特定や原因究明、対策立案に不可欠である。コストと設置スペースの削減に向く監視カメラシステムについても紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。