資料の紹介

 企業の設備資産を支える保全業務について、デジタル化が急務となっている。これまではベテラン保全員の知識とノウハウに頼る部分が多かったが、労働人口が減少に転ずる時代を迎え、今後は人の力だけでは対応できなくなる。

 本資料では、設備保全のDXを、IoTやクラウド、AI(人工知能)などの技術を利用して進めることで得られる具体的なメリットや、デジタル化を成功させるためのポイントについて解説する。実際にこれらの手法を使って国内外に広がる生産拠点の無数の設備・装置の保全業務のデジタル化を推進する企業の事例を詳しく紹介している。

 DX(デジタルトランスフォーメーション)により、単に作業を効率化するのみならず、ベテランから若手への技術継承や、社員のモチベーションアップ、デジタル時代に向けた新たな人材育成も可能になったという。

 

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。