資料の紹介

 ユーザーからの問い合わせや予約、あるいは社内からの問い合わせや申請作業など、対話が必要な業務は人手に頼る部分が大きい。こうした業務を効率化し、人手不足対策にもつながると期待されるのがチャットボットツール(自動応答システム)だ。

 AIによる自動応答、複雑な自然言語処理などの技術を活用し、人のように振る舞い、日常会話によるやり取りを行う。電話よりもメールやチャットを好む世代が増えており、人の代わりにチャットボットが応答する場面が増えている。しかし、チャットボットを導入したのに、思ったほど業務の効率化が進まないと感じることはないだろうか。

 本資料では、業務効率化で差が付くチャットボットツールについて解説する。業務の効率化でカギを握るのが、外部システムとの連携だ。チャットボットが外部システムと柔軟に連携できれば、効率化の効果は格段に高まる。もう1つのポイントがデータベースだ。チャットボットから独自の顧客データベースを作成できれば、強力なマーケティングツールになる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。