資料の紹介

 ニューノーマル時代の今、「社員の幸福度」を重視する組織づくりが注目されている。幸福度の高い社員はそうでない社員と比較して創造性が3倍、労働生産性は1.3倍、売り上げは37%高いという米国での研究報告もある。

 働き方改革が社員の幸福度を高めるものとは限らない。短期的な利益を追求するあまり、9割の企業が働き方改革に失敗していると指摘する専門家もいる。長期的な利益を上げるために重要なのは、コミュニケーションの「幸福度」である。コロナ禍で対面の機会が減った今、気軽で迅速、かつオープンなコミュニケーションを実現するためには、ビジネスチャットをはじめとするITツールの導入も有効である。

 本資料の前半は、システムデザイン理論などを専門とする識者が、コミュニケーションにおける「幸福度」とは何かについて、また経営戦略におけるその重要性について解説する。後半では、どこでも迅速かつ手軽な意思伝達を可能にする手段として、デバイスや場所を選ばないビジネス特化型のチャットツールの特徴を紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。