資料の紹介

 自治体のIT活用を考えるうえで、常に重要となるのがセキュリティだ。テレワークの実践では多くの自治体がセキュリティ確保に苦労した。総務省が「自治体情報セキュリティ対策の見直し」を公表したことで、情報化統括責任者(CIO)やシステム担当者はさらなる対応が求められている。

 昨今のセキュリティ対策で重要となるのが「サイバー・ハイジーン(衛生管理)」という考え方だ。セキュリティ事故の60%は、非管理端末やセキュリティパッチの未適用端末から発生している。うがいや手洗いをするように平時からセキュリティ対策を行えば、こうした問題に起因する事故を減らせる。ただ、非管理端末を見つけ出したり、セキュリティパッチの適用を徹底したりするのはそう簡単ではない。

 本動画では、サイバー・ハイジーンを実現するために最適なソリューションを紹介している。数万台以上の端末もサーバー1式のみで管理して、リアルタイムに可視化する技術を活用することで、次期三層モデルで求められる資産管理/ログ管理/EDRをシングルエージェントで提供できるという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。